診療案内

白内障と手術

白内障ってどんな病気?ー水晶体と白内障ー

水晶体は目の中でレンズの役割をする組織です。正常な水晶体はほぼ透明で必要な光を良く通しますが、水晶体が濁ると光が十分に通らなくなります。これが「白内障」です。主な原因には加齢があります。
図1_1.jpg
図1_2.jpg


白内障の症状

主な白内障の症状には、明るい所で眩しくて見にくい、物がかすんで見えるなどがあります。水晶体の濁りかたはその方によって異なるので、症状は様々です。
図2.jpg



白内障の治療って?ー白内障手術ー

白内障は主に手術によって治療が行われます。現在の白内障手術は小さな切開から濁った水晶体を超音波で破いて取り出し、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを入れる方法で行われます。白内障手術は技術の進歩とともに、その安全性も向上してきました。

眼内レンズ

眼内レンズは取り出した水晶体の代わりとなる人工水晶体です。
直径が6mm程度で、眼内に固定するためのループと呼ばれる支持部がついています。
小さな切開部位から折りたたんで挿入されます。
眼内レンズを挿入することで、視力を得ることができます。



①切開します
図3.jpg




②濁った水晶体を破いて取り出します
図4_2.jpg



③眼内レンズを挿入します
図4_3.jpg



◀戻る

診療時間2.jpg

サイド001ベース_2.png

コンタクトレンズ初診の方は
受付終了時間の30分前までに
ご来院ください
午前〜12:00(木曜〜11:30)
午後〜17:30

駐車場完備(70台)


お問い合わせ.jpg

サイド002ベース_2.png

shoda_QR.jpg
携帯サイトをご利用の方は
上記のQRコードを読み込んでください